当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

TOP>お知らせ>新型コロナウイルス感染防止対策について

お知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策について

本校は、新型コロナウイルス感染防止対策として、以下の取り組みを行っております。                                                             

        

                                               

1.体調管理

 1)朝、自宅で健康チェックを行いアンケートに入力する。

  (1)体温が37.0℃以上および症状(咳、咽頭痛、味覚・嗅覚異常など)

     がある場合は自宅で休養する。(平熱が37.0℃以上ある学生に関

     してはこれに限らない)病院受診後、医師の指示に従う。

  (2)家族にコロナウィルス感染症のような症状が見られる場合は、診断

     が確定するまで自宅で待機する。

 2)昼食前に健康チェックを行いアンケートに入力する。

     

2.臨地実習

 1)体温測定値・症状の有無を実習施設提出用の健康チェック表に記載す

   る。リーダーは責任を持って健康チェック表を管理する。また、実習

   開始時には、管理者もしくは実習指導者に健康チェック表に確認印を

   いただく。

 2)朝・昼の実習開始時の病棟挨拶時に、体調変化がないことを伝える。

   実習中に体調の変化があった場合は、速やかに実習担当教員・実習指

   導者に報告する。

 3)病棟に行った際は、学生控室に荷物を置き、衛生学的手洗いを行う。

 4)実習中は、施設ごとに標準化されている感染防止対策を取ることを徹

   底する。(マスク・エプロン・ゴーグル等)

 5)一処置一手洗いを徹底する。

 6)学生控室やカンファレンス室を使用する際は、密閉しないよう扉(窓)

   を開放する。

 7)カンファレンスや記録の時間は密にならないように距離をあけて座る。

 8)昼食を摂る際は、対面を避け、会話をしない。

 9)実習施設で使用したカンファレンス室、学生控室、図書室の机、ドアノ

   ブなどを適宜、消毒液を使用して清掃し環境衛生を保つ。

    

3.その他

 1)通学時および学内は、個人用のマスクを着用し、実習は、学校で提供さ

   れたマスクを着用する(1日2枚)。また、実習施設には携帯用の手指消

   毒剤を持参・携帯する。

 2)衛生学的手洗いと含嗽後に更衣を行う。

 3)原則、実習衣は毎日交換する。

 4)帰宅直後、手洗い・含嗽を行う。 

    

通知: 

https://www.mext.go.jp/content/20210518-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf